悩ましい問題

「両親が亡くなり、財産を譲り受けることになった」
このような出来事は、一見資産のある家でしか見られないことだと思われているかもしれませんが、けっこう身近にあること。資産は莫大ではなくても資産ですし、それを拒否することがなければ相続権が発生します。土地や住宅、有価証券、現金・・・色々な形で資産を受けることになるので、プラスになるのであれば有難く頂戴するところでしょう。
しかし、相続を受ける際に絶対に注意しておかないといけないことは、税金の話。相続を受けると、その分に対して税金を支払う義務が発生することになります。ただプラスになることだけに囚われてしまっていると、税金の支払いでトラブルになってしまうので避けておかなければいけません。

ただ、相続で税金を払うと言ってもどうやって申告したらいいのか、そしてどれだけの負担になるのかが分からないところ。ここは、分からないまま放置したり自分で何とかしたりするのではなく、専門の税理士に相談するのが一番。税理士は、会計や税金に関する知識を持っている資格者であり、相続で受ける税金相談や手続きの依頼をすることができます。
税理士であれば、正しい知識を有していますから間違った判断をすることなく相続した資産を保有することができます。ですから、相続の問題で困ったことがあれば、迷わず信頼できる税理士の力を頼りましょう。

OUT LINK

東京の税理士で評判が高い@冨岡潤一税理士事務所
大阪で税理士に相談するなら@三瓶税理士事務所

大阪エリアで相続問題にお悩みの方はここをご覧ください!;相続デザイン館